• 会社案内・パンフレット
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 住宅の新築
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 無料相談

HOME > ブログ

ブログ

立礼卓事例集

茶室設計や茶室リフォームなど、各種茶室建築業務を承っております、リンクス・ホリでございます。
今回は当社で製作を行った立札卓の事例をご紹介します。

同座式立礼卓

【特徴】
4人掛けテーブルとしても使用できる同座式の立礼卓です。

tatehuda1.jpg tatehuda2.jpg tatehuda3.jpg


組み換え式立礼卓A

【特徴】
キュービックな形状の卓を組み合わせた立礼卓です。
卓の組み換えにより、向切・隅切点前にも対応ができます。

tatehuda4.jpg tatehuda5.jpg tatehuda6.jpg


組み換え式立礼卓B

【特徴】
キュービックな形状の卓を組み合わせた立礼卓です。
炉縁の交換により風炉釜から炉釜への変更ができ、炉・風炉の点前に対応ができます。

tatehuda7.jpg tatehuda8.jpg tatehuda9.jpg

当社では、このようにお客様の生活環境に合わせて、柔軟に立札卓を製作することが可能です。
各種立札卓の製作依頼をご検討されているお客様はぜひ、リンクス・ホリへお気軽にご相談ください。

新しい取り組みにチャレンジ!

茶室設計や茶室増築等、各種茶室無料相談を承っております、リンクス・ホリでございます。
マンションのお茶室リフォーム工事で、本日、無事お引き渡しをいたしました。

今回は、新しい取り組みとして、チャレンジの現場でした。

テーマは、「茶室をつくり込まない!

イメージとして、お高い印象のある茶室工事ですが、もちろん予算の問題もあります。
その問題をなんとか解決できないか...それは、われわれのテーマでありました。
工期を短縮して工事コストを抑える取り組み、でも、茶室として使い易くかつ品良く仕上げていく。
それは、職人大工と協力してのチャレンジでした。


今回は、
京間三畳茶室としてのリフォーム。施工形式は、床下収納の多く取れる半組み立て方式
まずは、現地の工事を少なくする為に、大工の工房で、炉を切る畳の床下構造体を仮組み。
ミリ単位のズレを事前に調整して、現地に運び込み2日で組み上げ。
これで8割の作業は終わりです。

あとは壁床の床の間を造作し、クロスでの内装仕上げと畳の敷き込み。
現地5日間程の工事で、お客様に無事お引き渡しをする事ができました。


遠方にお住まいのご家族が遊びに来た時に、畳にに布団を敷いて、寝れるよう!
とのお客様からのオーダーでもありましたので、広めの京間畳で、くつろいだり、
お茶をしたり、ステイホームでおもてなししたり、多目的にご活用されるのだと思います。
一緒にチャレンジした大工にも感謝し、無事お引き渡しする事ができました。

ありがとうございました!

リンクス・ホリでは、お客様のご予算に応じて柔軟に対応することが可能です。
茶室の建築を検討されているお客様は当社へお気軽にご相談ください。

links-hori2021-04-27-1.jpg    links-hori2021-04-27.jpg    links-hori2021-04-27-2.jpg    links-hori2021-04-27-3.jpg    links-hori2021-04-27-4.jpg

伝統の中にも新しいスタイルを取り入れた"茶室"と自宅のスケルトンリフォーム

茶室リフォームや住宅リフォーム等、各種リフォームを承っております、リンクス・ホリです。
昨年末にお引き渡しをさせて頂きましたご自宅のリフォーム工事をご紹介いたします。

コロナ禍の大変な時期ではありましたが、昨年夏前からはじめさせて頂きました住宅のフルリフォーム工事でした。
季節は巡り、猛暑の夏が過ぎ、そして秋から冬へ・・・

そして12月。年末を迎え、難易度の高いリフォーム工事でしたが、無事お引き渡しいたしました。



 

一階は茶室、キッチン、水屋等々、茶室は八畳広間です。
天井には大きな梁が露出しており、それを活かしながら、斜め天井も取り入れ、真行草の変化を持たせました。

また床脇に大きな丸窓を設け陰陽を表現し、全体を茶系の基調でまとめ伝統の中にも工夫のある茶室に仕上がりました。




 

水屋は立ち水屋として使用出来る様に、システムキッチンを利用したスタンディング方式です。




 

そして2階は生活空間としてのスケルトンリフォームです。
1階の茶室空間とは180度異なった洋の空間の仕上がりで、こちらは白が基調となっております。

お客様の想いをひとつひとつ丁寧に形にしていく作業でした。
ご満足頂き、大変良かったと思っております。
設計、施工そして管理が、同じベクトルを合わせ進めた今回のリフォーム工事でした。

リンクス・ホリでは、お客様の理想が形となるよう、ご要望に応じて柔軟にリフォーム工事を行わせていただきます。
検討中の茶室・住宅のリフォームプランがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。


立礼卓を納めさせて頂きました。

埼玉県さいたま市にて茶室建築や茶室無料相談を承っております、リンクス・ホリです。
当社では、椅子に座りながら抹茶をお楽しみいただける立札卓や組立式茶室等のデザイン開発、茶道教室の運営といった茶室に関する幅広い事業を手掛けております。

炉にも風炉にも対応できる「立礼卓」というお客様からのご要望を受け独立式立礼卓を製作致しました。
構成は、点前卓、立炉壇、拝見卓の組み合わせで、風炉・炉の点前にも対応出来る両用タイプです。

炉と風炉は釜の大きさが違うので、それに対応する為、炉用炉縁、風炉用炉縁とそれぞれ、大きさ(幅)を変え、色は黒、茶系と金色の3種類の炉縁です。
キュービックな形状の組み合わせとコンパクト設計で、ご自宅のフローリングスペースでお茶をする為の設えと工夫のある「お茶テーブル」です。

リンクス・ホリでは、このように立札卓を柔軟にカスタマイズすることが可能です。
立札卓はもちろんのこと、茶室設計に関するご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。



 

お茶室のあるご自宅のスケルトン・フルリフォーム!

埼玉県を中心に茶室建築や茶室見積、茶室相談などを承っております、株式会社リンクス・ホリです。
当社では、茶室の設計の他、一般の住宅やマンションなどのリフォーム施工にも柔軟に対応しております。豊富な知識や経験に基づいて、お客様のご要望を実現することが可能です。

川崎市のお客様のリフォーム工事を進めております。
外観が漆喰壁の素敵なご自宅なのですが、今回のこのご実家にご家族でお引っ越しされると言うことで、2階建の住宅フルリフォームをさせて頂きました。

2階は主にご家族の生活空間になるため、リビングとキッチン、寝室などがメインとなり、全体的に北米調の雰囲気です。壁も柱・梁も左官と塗装仕上げで、家具はホワイトで統一しました。真壁の家なので、家具と壁の収まり、取り合いなど詳細な打ち合わせが必要でしたが、内装が仕上がり建具やカーテンが入りぐぐっと素敵になりました。
1Fは茶室・キッチンなのですが、工事はまだ続いてます。
お客様には何かとご不便をおかけしておりますが、引き続きしっかりと工事を進めて参りたいと思います。




1階茶室はまだ工事中・・


立礼卓を納入致しました!

茶室建築・茶室リフォームを専門にて行っております、株式会社リンクス・ホリです。
当社では茶室の設計やリフォームなど、ご自宅で抹茶を楽しみたい方・茶道の練習を行いたい方へ向けたご提案を行っています

当社では、マンションから一般の戸建て住宅まで施工対応しております。
お気軽にご相談ください。


今年の春、マンションのお部屋に京間四畳半本勝手の『組立式の茶室』をリフォームさせて頂きましたお客様から、立礼テーブルのご依頼を頂き、納入させて頂きました。

「コンパクトデザイン」を目指して、設計製作した立礼ですが、思いのほかフローリングのリビングスペースにマッチしていて感激です。ちにみに、熱源はIHヒーターを使用してます。

「抹茶のある、いつもの生活」的な生活スタイルも良いかなと思いました!
無事納入、ありがとうございました。


ご自宅に茶室を作るとなると、大きなハードルを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、このように「生活へプラスアルファで取り入れる」ことができるのも、当社製品の魅力です。
手軽にお茶を楽しみたい! と考えている方へ、おすすめのアイテムです。

コロナがまた増えてきてますが、
皆様どうぞ気をつけてお過ごしください。








マンションに『組立式茶室』

ようやくお引き渡しすることができました。

今回は、マンションお部屋に、簡易的な『組立式茶室』です。
組立式の茶室ですが、間取りは京間四畳半本勝手です。
一般的に、京間間取りを取る事が難しいのですが、床の間を壁床にその分畳部分を広くとりました。
また、もう一つの特徴としてお客様のたってのご要望で大炉を切っております。
四畳半の半畳の中に、「炉と大炉」を対角に切ってます。
収納もしっかり取れて、ちょっとゆったりめの『組立式茶室』ができました。

 
 

ありがとうございました。

現場に行く途中に小金井公園があり、広くゆったり、
のんびりしていてとても素晴らしい所でお気に入りの公園です。その風景もアップします。
猛暑の中の素敵な午後の公園風景!

 

 



茶道の稽古場紹介

新型コロナウィルスの影響で、3月からお茶の稽古はお休みしておりましたが、6月から感染の予防措置を行いながら、徐々に再会しました。

今回はその稽古場の一つを紹介させて頂きます。
東京練馬区にある老舗呉服店『白瀧呉服店』の離れ茶室です。
間取りは、京間四畳半、にじり口のある本勝手茶室で、水屋と待合が併設されてます。
庭のロケーションが素晴らしく、借景を取り入れた茶室での稽古は生徒さんにも評判の良い茶室です。女性より男性の方が多い、ちょっと珍しい生徒の比率構成になっております。

稽古再開にあたり
茶室は,密な状態になり易い空間でありますので、様々工夫をしております。
■分散稽古の実施
マスク着用の上、時間を決め、2名ずつの分散稽古を実施しております。
その上で、もし2名以上になった場合は、座る位置の距離を確保します。
畳一畳に2名としています。
■水屋での仕込み
・菓子は取り分けせず、銘々にお出しする
・水屋は1名
■点前稽古準備
水屋では手指のアルコール消毒の後、茶筅、茶杓、仕込み茶碗等をアルコール消毒した紙を使用して拭き清めます。
点前用のマスクを着用して点前稽古をします。
という様に、衛生管理をして稽古に望んでおりますが、
大切なのは、「一人一人が相手を思いやる事が、自分の管理につながる」
という思いを徹底することだと思います。

稽古場茶室の内部を少しご紹介いたします。







『白瀧茶道教室』
公式ホームページはこちら



三畳台目中板付小間茶室から四畳半茶室へ!

埼玉県のお客様のご自宅の茶室リフォームをさせて頂きました。
新型コロナの影響で、工事期間は多少ずれ込みましたが、ようやくお引き渡しをすることが出来ました!

客様とは1年以上お打ち合わせをさせて頂きました。
お陰様で皆さんの協力の下、特徴のあるオンリーワン茶室を造作することが出来ました。

今回の茶室は様々な仕掛けがあるのですが、
大きな『特徴』として
■ 小間席から四畳半席に変えることができる
■ ひとり瞑想の出来る、独座席空間を設ける
■ リビングという生活空間と連続した中に茶室がある
■ 庭からのアプローチ、にじり口と奇人口からの茶室導線を作る

難易度は少し高かったのですが、お客様にも大変喜んで頂き、うれしく思っております。
ありがとうございました。