• 会社案内・パンフレット
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 住宅の新築
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 無料相談

HOME > ブログ > 日記 > 海外のお客様に茶道体験!

ブログ

< 都内某邸 茶室リフォーム工事  |  一覧へ戻る  |  鎌倉稲村ガ崎に茶室が完成! >

海外のお客様に茶道体験!

霜月のとある日
東京都港区白金台にある八芳園にて、海外のお客様に茶道の体験をしていただきました。
海外のお客様に日本文化を体験して頂こうというイベントなのですが、
正確には、茶道だけではなく、着物の着付け、いけばな、和菓子体験等々、インバウンドの文化体験です。

広いホール内の一角に畳を敷いたエリア、茶道体験ブースに定刻になり、お客様が集まってきました。
皆さんの熱い視線を感じながら、まずは、講師としてのご挨拶。

そして、少しお茶についてのお話
・お茶ってなに?
四百年以上も続く、日本人が繋いできた心、そして侘びの精神...云々...
難しい話は、さておき、さっそく茶道の点前を見て頂きました。
凛とした、佇まいで茶を点てる姿に、皆さんは何を思ったのでしょうか。

そのあと、隣のブースに移動し、実際畳に座っていただき、茶道の体験をして頂きました。
なんと、驚いたことに、何人かのお客様は、"正座"をされていらっしゃる!
オー、素晴らしくそして美しい!Wonderful!
その、トライ精神に頭が下がります。
菓子を食べ、茶を頂く。作法の通りに。そして、ご自身で茶筅を振り、茶を点てて、そして飲む。

一服の茶から、皆さんの素晴らしい笑顔が広がりました。
すごいなあ!
一座建立 in the World

御参加頂いた皆様、ありがとうございました。
そして、関係スタッフ皆様のご尽力に感謝いたします。

 

茶道体験です。
なんと、畳の上で正座をしてます。
お客様ご自身がみずから。

 

正座姿が、とても決まってます。

 

石州流のお点前を披露。

 

 

 

皆さん、興味津々で見てます。

 

今回の茶道体験に、お花を少し活け、
お客様をお招きしました。花入れは、送り筒。

   

着物姿がとても美しい!

 

 

>お問い合わせはこちら

カテゴリ:

< 都内某邸 茶室リフォーム工事  |  一覧へ戻る  |  鎌倉稲村ガ崎に茶室が完成! >

同じカテゴリの記事

洋寝室から本格茶室へ、リフォームのビフォーアフター

五月雨続く週末、お出かけには不向きですが、雨音を楽しみながらのご自室での一服もまた趣がありますね。
茶室デザイン・設計施工のリンクス・ホリです。

先日ご紹介したこちらの物件の、施工前・施工後のお写真を弊社Instagramに投稿したところ、
お客様より「参考になる」との嬉しいお声をいただきましたので、こちらのブログでもご紹介させていただきます!

東京都品川区のマンション1室を茶道のお稽古用にフルリフォームしたU様邸
本勝手の炉と大炉を備え、様々なお稽古に対応できる茶室を施工いたしました。
utei_toko.JPG

こちらのお部屋の施工前はフローリングの寝室でした。
洋室は当然ながら畳の寸法に関係なく作られていますので、八畳を敷くには若干広さが足りません。
utei_b.jpg
しかし写真のようにクローゼットと押し入れ型の2つの収納があります。
そこで設計チームはこの2つの空間を活用するご提案をいたしました。

施工後の写真はこちらです。
utei_a.jpg
右のクローゼット部分は床の間に、 左の壁は収納の深さまで全体を後ろに下げ、
八畳が収まる間取りに変更しました。

ビフォーの写真では丸ドアがついていた壁は取り払われています。
既存の構造の残せる部分は残しつつ、必要な部分は思い切ったリフォームをすることで、
費用を抑えつつ、洋間から使い勝手のいい茶室に作り替えることができました◎

お客様にも大変喜んでいただき、茶室を使いお稽古をされているお写真を送っていただきました!

マンションに『組立式茶室』

ようやくお引き渡しすることができました。

今回は、マンションお部屋に、簡易的な『組立式茶室』です。
組立式の茶室ですが、間取りは京間四畳半本勝手です。
一般的に、京間間取りを取る事が難しいのですが、床の間を壁床にその分畳部分を広くとりました。
また、もう一つの特徴としてお客様のたってのご要望で大炉を切っております。
四畳半の半畳の中に、「炉と大炉」を対角に切ってます。
収納もしっかり取れて、ちょっとゆったりめの『組立式茶室』ができました。

 
 

ありがとうございました。

現場に行く途中に小金井公園があり、広くゆったり、
のんびりしていてとても素晴らしい所でお気に入りの公園です。その風景もアップします。
猛暑の中の素敵な午後の公園風景!

 

 



茶道の稽古場紹介

新型コロナウィルスの影響で、3月からお茶の稽古はお休みしておりましたが、6月から感染の予防措置を行いながら、徐々に再会しました。

今回はその稽古場の一つを紹介させて頂きます。
東京練馬区にある老舗呉服店『白瀧呉服店』の離れ茶室です。
間取りは、京間四畳半、にじり口のある本勝手茶室で、水屋と待合が併設されてます。
庭のロケーションが素晴らしく、借景を取り入れた茶室での稽古は生徒さんにも評判の良い茶室です。女性より男性の方が多い、ちょっと珍しい生徒の比率構成になっております。

稽古再開にあたり
茶室は,密な状態になり易い空間でありますので、様々工夫をしております。
■分散稽古の実施
マスク着用の上、時間を決め、2名ずつの分散稽古を実施しております。
その上で、もし2名以上になった場合は、座る位置の距離を確保します。
畳一畳に2名としています。
■水屋での仕込み
・菓子は取り分けせず、銘々にお出しする
・水屋は1名
■点前稽古準備
水屋では手指のアルコール消毒の後、茶筅、茶杓、仕込み茶碗等をアルコール消毒した紙を使用して拭き清めます。
点前用のマスクを着用して点前稽古をします。
という様に、衛生管理をして稽古に望んでおりますが、
大切なのは、「一人一人が相手を思いやる事が、自分の管理につながる」
という思いを徹底することだと思います。

稽古場茶室の内部を少しご紹介いたします。







『白瀧茶道教室』
公式ホームページはこちら



新型コロナウィルスについて

埼玉県さいたま市の建築事務所 リンクス・ホリです。
今、世界が大変な事になってます・・・。
まさかこのような事になるとは、半年前には考えもつきませんでした。
しかし、現実がここにあります。

不安な気持ちは、世界中の皆さんの共通の思いです、
終息したあとも「Withコロナ」で、我々は日常生活を送って行かなければなりません。
今までの価値観が大きく変わろうとしてます。
我々は何をして行けば良いのか、皆、試行錯誤が続いていくのだと思います。
ただ、一つ言えるのは、「つながる!を考える」と言うことだと思ってます。

お茶で何が出来るのか・・・
テーマを持って過ごして行かなければなりません。
そんな事を考えながら・・・・。

2015年にNYで行った茶会の写真をアップしてみました。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止や治療へ尽力されている皆様に、心より感謝申し上げます。

P3140154.jpg


新型コロナウィルスについての続きを読む

桜が開花していました!

埼玉県さいたま市にて茶室建築 茶室リフォームを専門にて行っております
株式会社リンクス・ホリです。

当社は家元が居る建築事務所として、茶室建築のデザイン、施工を担当しております。
茶室建築に関するコンサルタントとして工務店様へのアドバイス等も行っておりますので、
茶室建築についてお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

本日のブログは、季節の話題です。

大宮でも、桜が開花していました!
場所は大宮第二公園です。

明るいニュースがなかなか無いですが、なんとか、乗り越えたいですね。

 
   

 



このページのトップへ


Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE