• 会社案内
  • 茶室建築
  • 茶道具デザイン
  • 茶道教室
  • 無料相談
  • マンション茶室 リフォーム事例
  • 戸建茶室 リフォーム事例
  • 茶室新築事例
  • 一般住宅新築事例
  • 茶室のディティール例

株式会社リンクス・ホリ

埼玉県さいたま市大宮区土手町
一丁目13番地3

TEL: 048-779-8425
FAX: 048-779-8426

linksギャラリー

お客様の声

公式Youtube

   
石州流野村派
当サイトはスマートフォン表示へ対応しています

HOME > ブログ > 茶室リフォーム事例 > 埼玉での茶室建築・茶室デザインならリンクス・ホリへお任せください

ブログ

< 収納いっぱいの「簡易組立式の茶室!」  |  一覧へ戻る  |  【現場レポート】こだわりの詰まったマンション茶室リフォーム、竣工間近 >

埼玉での茶室建築・茶室デザインならリンクス・ホリへお任せください

埼玉にて茶室建築・茶室デザインを行っておりますリンクス・ホリです。
当社では、お客様のご要望にあわせた
茶室デザインのご提案や 実際の施工まで担当しています。

デザイン・建築・施工について、茶室のことならなんでもお任せください。


本日は、なぜリンクス・ホリでは多くのお客様より茶室建築のご依頼を

いただいているのかのポイントをご紹介いたします。



「失敗しない茶室づくり」を身をもって知っている


リンクス・ホリは、建築事務所でありながら、

代表が茶道の家元で茶道の指導へ携わっているという珍しい建築事務所です。


当社にて茶室リフォームを行うお客様へは、

家元としての知識や経験を基にした茶室リフォームをご提供いたします。


綺麗な茶室やおさまりの良い茶室リフォームは、

どういった建築会社でもできるかもしれません。


ですが、

・茶室の細部へのこだわり 

 ・茶道へ使用する様々な道具の収納 

 ・茶室自体の導線

など、ご自宅に茶室を造る上で考えるべきことは多くあります。


またご利用方法についても、練習で使用したいのか、

もしくはお客様を招いての本格的な茶道を行うのかにより

茶室のデザインが大きく変わってまいります。


ご要望と、そしてコストに合わせた茶室建築のご提案は

リンクス・ホリが強みとしている部分です。



茶室の新築から改修、マンションへのリフォームへも対応


リンクス・ホリでは、茶室建築・茶室リフォームを行っており

戸建住宅やマンションへのリフォームはもちろん

敷地内へ新たに茶室を新築するといったご依頼へも対応しています。


茶室を新築するとなった場合、万が一に備えて耐震性を

しっかりと確保する必要がございます。

地盤の状態をもとに工事内容を考慮し、安全性の高さを重視した施工を行います。


また、マンションや戸建住宅内のリフォームに加えて、

屋根や壁等の材質やデザイン等、こだわれる部分はとことんこだわります。


施主様のご要望なども取り入れながら、丁寧にデザインいたしますので

お気軽にご相談ください。



実用性を重視した茶室建築

お客様から多くご相談をいただくのが、茶道具の収納に関する要望です。

茶道は日本の四季と密接に関係があり、風炉や茶碗、掛け軸など、季節を感じさせる様々な道具があります。


道具が多くあるということは、その分収納が必要となることになります。

マンションや戸建住宅等の限られた範囲で、

最大限に収納を確保できる茶室リフォームを考慮しています。


茶室建築・茶室リフォームでお困りの方、またご相談先を探している方は、

是非一度、リンクス・ホリへご相談ください。

埼玉県さいたま市周辺ですと、比較的早期にお打ち合わせなどが可能です。


カテゴリ:

< 収納いっぱいの「簡易組立式の茶室!」  |  一覧へ戻る  |  【現場レポート】こだわりの詰まったマンション茶室リフォーム、竣工間近 >

同じカテゴリの記事

オンラインな茶室

茶室建築や茶室設計デザイン等の無料相談を承っております、リンクス・ホリです。

お客様のマンションのリビングに、茶室を設えるリフォーム工事をしました。
リフォーム工事前のリビングには、大きなモニターテレビが設置してあり、
このテレビをどうするか、が、今回の茶室リフォームのテーマとなりました。

お客様へご提案
「この大きなテレビを今回の茶室にどんと取り込み、
生徒さんの点前をこの迫力あるモニターに映し出し、ご自身の点前を検証できる教室にしましょう。
この茶室からオンラインで、情報発信する文化交流の場にしましょう」
と、ご提案させて頂きました。

配線も、壁内のスペースに上手く収める事ができスッキリした、
リビングと一体化した、オンラインな茶室をお引き渡しする事ができました。
ありがとうございました。

 


【竣工レポート・お客様の声】大田区・戸建茶室リフォーム

茶室建築・リフォームのリンクス・ホリ、広報のWです。

最近は特に住宅の中の洋間を茶室にリフォームしたい!というご要望が多くなりました。

コロナ禍の自粛期間を経て、ご自宅でお茶をもっと深めたい、と考えられる方が増えているようです。


先月末も、東京都大田区の戸建て住宅リフォームのお引渡しがございましたのでご紹介いたします!


夏真っ盛りのある日。

全ての工事が完了し、最後のクリーニングの業者さん作業が終わったできたてのお茶室です。


花月のお点前もできる8畳の茶室

右側の襖の先が↓の控えの間


こちらはすっきりと見せるために縁なし畳で仕上げました


お客様はお稽古のできる茶室を作れる新居をお探しで、物件探しからご相談をいただいておりました。

茶室にリフォームした際の使いやすさを考えながら、ここなら、というお宅を見つけご購入。

ふんいきがよく、お稽古も茶会もしやすい間取りに出来上がったと思います!


正座が辛いというご主人様にもお茶を楽しんでいただきたいという、

奥様のご要望で追加工事させていただいた掘りごたつ式の座席。

この日は現場監督の足をお気遣いいただき開けて下さました。

座面には毛氈などを敷く予定。



【竣工レポート・お客様の声】大田区・戸建茶室リフォームの続きを読む

洋寝室から本格茶室へ、リフォームのビフォーアフター

五月雨続く週末、お出かけには不向きですが、雨音を楽しみながらのご自室での一服もまた趣がありますね。
茶室デザイン・設計施工のリンクス・ホリです。

先日ご紹介したこちらの物件の、施工前・施工後のお写真を弊社Instagramに投稿したところ、
お客様より「参考になる」との嬉しいお声をいただきましたので、こちらのブログでもご紹介させていただきます!

東京都品川区のマンション1室を茶道のお稽古用にフルリフォームしたU様邸
本勝手の炉と大炉を備え、様々なお稽古に対応できる茶室を施工いたしました。
utei_toko.JPG

こちらのお部屋の施工前はフローリングの寝室でした。
洋室は当然ながら畳の寸法に関係なく作られていますので、八畳を敷くには若干広さが足りません。
utei_b.jpg
しかし写真のようにクローゼットと押し入れ型の2つの収納があります。
そこで設計チームはこの2つの空間を活用するご提案をいたしました。

施工後の写真はこちらです。
utei_a.jpg
右のクローゼット部分は床の間に、 左の壁は収納の深さまで全体を後ろに下げ、
八畳が収まる間取りに変更しました。

ビフォーの写真では丸ドアがついていた壁は取り払われています。
既存の構造の残せる部分は残しつつ、必要な部分は思い切ったリフォームをすることで、
費用を抑えつつ、洋間から使い勝手のいい茶室に作り替えることができました◎

お客様にも大変喜んでいただき、茶室を使いお稽古をされているお写真を送っていただきました!

マンション茶室リフォーム ~ 収納スペース確保・有効利用 ~

茶室リフォーム・茶室建築専門のリンクス・ホリです。
当社では、茶室の新築はもちろん、マンション内や戸建て住宅内へ茶室をつくるリフォームを行っております。

ご自身の趣味や教室開設のため、ご自宅に茶室を設ける方が増えております。
茶室リフォームでお困りの方は、埼玉のリンクス・ホリへご相談ください。
茶室のことなら、全国どこでもご対応可能です!

お茶室へのリフォームと言うと、茶室の間取りや水屋などに目が行きがちですが、
実は茶道具の収納場所も大事なポイントになります。

茶道具は、大小、そして四季折々と様々な道具があり数も多く、そして不思議なことに道具は自然と増えて行きます。
道具収納の悩みは皆さん共通に抱えております。

限られた場所や空間に道具収納のスペースを造る。これが茶室リフォームの重要なポイントなります。
今回はその一つ、アイデアとして床の間(壁床の間)を収納スペースに。

床の間の壁を開閉式にして、壁をあけると可動棚が現れます。
奥行きは深く取れませんが茶盌の桐箱、棗、茶杓などしまうところに困る道具など有効に収納ができます。

そして、壁は全面解放になるので、どこにどんな道具があるか一目瞭然、
奥にしまってある道具を取るのに一苦労のような手間が省けます。
茶室の使い勝手向上の一助となります。

 


マンションへの八畳本勝手の茶室の施工

埼玉を中心に茶室建築・茶室リフォームを行っているリンクス・ホリです。
本日は、仮引き渡しが完了した茶室リフォーム事例のご紹介です。

桜のトンネル坂道を登り途中を右手に曲がる。
そこにある素敵なマンション。
茶室リフォームの、施工をいたしました。

間取りは、八畳本勝手の茶室。
今回は大炉を設けました。

マンションドアを開け、玄関を通って立礼席兼用の寄付があります。
水屋を横目に見ながら、その奥に八畳間取の茶室を設えました。

窓側のスペースには、見学できるスペースを設けて、開放的な空間にしました。

残工事、また少しありますが、仮お引き渡しをする事ができ、良かったです。
ありがとうございました。

 


このページのトップへ


お問い
合わせ
ページ
最上部へ
トップ
ページ